様々な産業で使われているクラレックスに頼ってみよう!

最新記事一覧

利点の多いアクリル板

資材

ガラスとアクリルの良さ

自動車や精密機械などの産業界では製品や製造機器にガラスやアクリル板が多く使われていますが、ガラスは透明感が高く、傷はつきにくいものの割れた時に危険で加工が難しい特徴があります。またアクリル板は割れなく、軽くて加工がしやすい利点はありますが、傷がつきやすく、透明度がガラスより劣る性質があり、製品の厚さは3mmか5mmに限られています。アクリル板の中でもクラレックスはガラスの良さの傷が付きにくさと高い透明感がありながら、アクリル板の持つ良さの割れないことや軽くて加工がしやすいところを併せ持っているため高い人気を誇っています。クラレックスはアクリル板が3mmか5mmしか製品ラインナップがないところをクラレックスでガラスを代替えする動きが多くなっていることから厚さのラインナップも増えていることから益々使い勝手がよくなっています。クラレックスには厚さだけではなく、表面加工や着色、また限られた波長の光をカットするなど様々な製品を提供していて、採用企業が年々増えています。片面または両面をノングレア加工したクラレックスは投射される光を透過させながら表面のギラつきや照明の反射や背面の映り込みを少なくする特徴があります。クラレックスのノングレア板にも透過率や光沢度にも様々なものがあり、必要なものを選びやすくなっています。また、規格サイズも定められていますが、フリーカットで提供することもでき、規格におさまらないディスプレイにも対応することができます。

Copyright© 2017 様々な産業で使われているクラレックスに頼ってみよう! All Rights Reserved.